安全に関する取り組み

安全マネジメントに関する取り組みについて

鶴運輸株式会社は全社一丸となって輸送の安全確保について、次の通り取り組んでまいります。2006年10月1日より施行された「運輸安全一括法」により、輸送の安全確保に関する情報を公開致します。

輸送の安全に関する基本的な方針

鶴運輸株式会社は、「輸送の安全」の確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、安全の確保に関して必要とするあらゆる処置を講じてまいります。また、全社員に「輸送の安全」の確保が最も重要であることを徹底させ、「輸送の安全」確保について主導的な役割を果たして参ります。

輸送の安全に関する基本的な目標

平成29年度実績(平成29年5月1日~平成30年4月30日) 平成30年度目標(平成30年5月1日~平成31年4月30日)
人身事故 0 0
荷物事故 2 0
労働事故 0 0
クレーム 2 0

目標達成のための重点施策

  • 安全運転を第一とし、法令を守り確実正確な業務を実行する。
  • 車両の点検整備を確実に行い、環境にやさしい運転を実行する。
  • 乗務員の健康管理に留意し、疲労・過労運転を無くす。
  • 運行管理者・代務者の能力向上を図り、管理能力の向上を図る。

輸送の安全に関する教育及び機器類の投資について

  • デジタルタコグラフの装着→全車両
  • バックアイカメラの装着→ウィング車の全車両と平車の一部
  • 動態管理システムの導入→全車両
  • アルコールチェック機器の導入→全車両
  • 運転手適性診断の受診(3年毎)→全運転手
  • 健康診断の受診→全社員(運転手は年2回 ※一部の運転手は1回)
安全に関する取り組み